過去の開催実績

HOME / 過去の開催実績 / 第3回CHC

3rd Conference of Health Care

イメージ

2015年11月6日・7日の2日間、福岡市のヒルトン福岡シーホークにて「3rd Conference for Health Care」が開催されました。

3回目の開催となった今回は、国内外の病院や大学、企業などから180名を超える方が参加しました。演者の幅も広がり、バージニアメイソン病院と飯塚病院だけでなく、国内の施設としては、愛媛県立中央病院、佐久総合病院、聖路加国際病院等からも発表されるなど、「医療の品質管理をグローバルな視点で議論する場」としてより幅広い視点での議論がなされました。

主な発表演題(かっこ内は発表者の所属施設)

イントロダクション

  • 世界情勢から読み取る明日のニッポン(飯塚病院)

リーダーシップ

  • オバマ・ケアからの方針展開(バージニアメイソン病院)

品質管理システム(QMS)

  • バージニアメイソン病院の品質管理(バージニアメイソン病院)
  • 愛媛県立中央病院の品質管理(愛媛県立中央病院)
  • パネルディスカッション

リソースマネジメント

  • Value Stream Map(バージニアメイソン病院)
  • 総合診療科外来における外来新患の待ち時間短縮(飯塚病院/リーチアジア・ソリューションズ)
  • パネルディスカッション
  • 日本の人材育成のトレンド(日本経営

製品実現

  • Team Medicine, Integrated Care(バージニアメイソン病院)
  • 佐久総合病院における地域医療・在宅医療の歴史と現状(佐久総合病院)
  • パネルディスカッション
  • 心不全に対する陽圧呼吸療法(飯塚病院/帝人在宅医療株式会社)
  • ホームモニタリング(飯塚病院/セント・ジュード・メディカル

医療の質の指標(QI)と成果の測定

  • クオリティインディケーター(聖路加国際病院
  • FIMを活用した在宅支援(頴田病院)
  • パネルディスカッション

基調講演

  • Gary Kaplan
  • 麻生 泰