CHCとは

HOME / CHCとは / 運営組織

運営組織

カンファレンス委員会

バージニアメイソン病院

  • Gary Kaplan
    Gary Kaplan
    (Chairman、CEO)
  • Kirsten Turner
    Kirsten Turner
    (Executive Director, Virginia Mason Institute)
  • Diane Miller
    Henry Otero
    (Senior Physician Faculty, Virginia Mason Institute)

飯塚病院

  • 麻生 泰
    麻生 泰
    (株式会社麻生
    代表取締役会長)
  • 増本 陽秀<
    増本 陽秀
    (院長)
  • 安藤 廣美
    安藤 廣美
    (特任副院長)

事務局

飯塚病院 改善推進本部
事務局長
福村 文雄(副院長兼本部長)
担当
立石 奈々(マネージャー)、 楽 丹焱

運営組織 ― 飯塚病院

1918年の開設以来約100年の歴史を持つ飯塚病院は、開設者である麻生太吉の「郡民のために良医を招き、治療投薬の万全を図らんとする」という精神を受け継ぎ、人口約42万人の福岡県・筑豊地域において、救命救急センター、地域医療支援病院、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センターなど数多くの役割を担い、約2,400人のスタッフが、住民のみなさんにまごころのこもった最良の医療をお届けするための努力を続けています。

医療の質の改善・管理にも力を注いでおり、1992年には日本の病院としては先駆的にTQM活動を開始、2008年には病院全体での取得としては全国最大規模となるISO9001の認証取得を行いました。2010年には改善推進本部が発足、kaizenワークショップやEK(Everyday Kaizen)などをスタートさせ、改善手法のバリエーションも広がっています。

医療の質方針として掲げる「日本一のまごころ病院」をめざし、patient firstの視点でカイゼンを続けています。

飯塚病院のホームページ

運営組織 ― バージニアメイソン病院

バージニアメイソン病院(以下VMMC)は、ワシントン州シアトルで安全で質の高い医療を提供し、全米トップクラスの評価を受けている医療機関です。

VMMCの最大の特徴といえるのが、医療における改善活動です。VMMCでは、トヨタ生産方式を範としてバージニアメイソン プロダクションシステム(以下VMPS)という、自院のマネジメント手法を生み出しており、これにより医療の質の総合的改善活動の仕組みを構築しています。組織全体に活動を行き渡らせるために、カイゼン プロモーション オフィス(以下KPO)と呼ばれる改善チームが入院部門・外来部門・管理部門の3部門の組織から構成されており、「VMPSを推進する」「職員に対しての教育・研修を行う」「現場レベルでの活動を病院組織全体に定着化させる」といった取組みを行っています。

改善の基本は合理的なプロセスを追求し、時間・材料・動線など多岐にわたって無駄を徹底的になくすことですが、顧客第一主義(Patient First)を最重要コンセプトとすることで、患者さんの検査や手術の待ち時間の短縮などに繋がっており、高い患者満足度を維持し続けています。

バージニアメイソン病院のホームページ